あくまで個人的感想を関西弁で・・。
村上春樹

村上春樹の新作小説「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」の販売が昨日午前0時から始まり、東京都内の深夜営業の書店にはさっそくファンらが集結したそうです。「1Q84 BOOK3」以来3年ぶりの長編小説とあって、事前予約も殺到し、版元の文芸春秋は計50万部の発行を決めているとのこと。

1Q84は読みましたが、ただ単に読みやすかったという感想だけで、「面白さ、感動」などは全くなし。なんでこんなに人気があるのかさっぱり分かりません。(あくまで個人的感想です。
よってこの新刊にもまったく食指が動きません。

にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ



スポンサーサイト
【2013/04/13 09:16】 | 読書川柳 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<横浜 赤レンガ倉庫・・。 | ホーム | 「二刀流」大谷・・。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://yasusara.blog39.fc2.com/tb.php/712-fe43edd5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |