安全性より時間厳守が至上命令・・。
ぶっつけ本番

中国で9月27日にまた鉄道事故。上海の地下鉄で280人あまりが負傷するという追突事故が発生しました。
「土木工事が予定より8カ月近く遅れたために信号システムを調整する時間が圧縮されていた。」との説明があったそうですが、上海万博に間に合わせるという時間厳守が至上命令で、安全性の検証は二の次、ぶっつけ本番というおそろしい人体実験的発想です・・。


中国の システム内にゃ 人がいる?

信号システムを供給していた「カスコ信号」が、「信号システムと事故は無関係だ」とする声明を発表し、予想外の停電と作業員の操作ミスが原因だと強調しているようです。
まるで見た目最新鋭のシステムが実はハリボテでなかで人が動かしているのではないかと思ってしまいます。


にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ





スポンサーサイト
【2011/09/28 22:05】 | 中国川柳 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<食欲の秋・・。 | ホーム | サラ川便乗川柳(その4)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://yasusara.blog39.fc2.com/tb.php/164-82093c71
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |