FC2ブログ


良心の呵責に耐え切れず・・。
良心の呵責

石川県小松市で開催された日本選手権のカヤック200メートル(シングル)決勝レース前、鈴木康大選手が禁止薬物の筋肉増強剤を混入させた飲料水を小松選手に飲ませ、同選手がドーピング検査で陽性反応を示して失格となり、暫定的な資格停止処分を受けた。
鈴木選手が良心の呵責に耐え切れずすぐにゲロしたからいいものの、もし告白しなければ、小松選手は間違いなく4年の出場停止となり、20年東京五輪への道を断たれるのは確実だったとのこと。

にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ


スポンサーサイト



【2018/01/13 07:11】 | スポーツ川柳 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム |