高校野球
甲子園

高校野球がはじまりました。我が故郷は全国でも指折りの「低勝率県」で、ほとんど「出ると負け」が何年も続いています。それでもやっぱり応援には力が入ります。 ただ、攻撃は見れるけど守りはドキドキしてとても見てられませんついついチャンネルも守りの時だけ変えてしまったりします。


にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
 



スポンサーサイト
【2011/08/08 20:58】 | いなか川柳 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
久しぶりの初戦突破!
タラレバ

我が故郷の球児が久々に甲子園初戦突破しました。出ると負けが続いた我が故郷、初戦突破は何年ぶりでしょうか。
いつもは「あそこでもし一打出ていタラ・・」とか「あのときエラーさえしていなけレバ・・」と悔やむばっかりですが今回はすんなりと勝ちました。


にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ



【2011/08/10 20:30】 | いなか川柳 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
JR うえからめ線 東京駅・・。
裏日本

お盆の帰省ラッシュのニュースが流れています。そこでフッと感じたこと。
JRや高速道路などで「下り」が~%の乗車率とか~kmの渋滞とか言う表現が当たり前の使われ方をしていますが、これって田舎者の自分にはちょっとムカっとくる言い回し。
ま、「上り」「下り」は「上京」とか「都落ち」とか「お上りさん」などなどいろんな言葉が存在する中での便宜上の使い方のような気もするのでそれほど目くじらを立てるほどでもないのですが、他にもイラっとする使い方があります。
例えば相撲の「東」と「西」。「東」の方が上の見かたです。
「裏日本」と「表日本」。これなどかなり差別的な臭いを感じます。
「山陽地方」と「山陰地方」という表現も引っかかります。
田舎者のひがみといったところでしょうか・・。


【2011/08/14 11:17】 | いなか川柳 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
あっという間にふるさとへ
郷愁

夏休みも終わったところが多いでしょうが、私は今週末より夏休みとなります。
法事も兼ねて田舎から大阪へぐるっと遠征する予定。
我が故郷は東京からまだ4時間ほどかかりますが、東北新幹線のはやぶさは新青森まで約3時間で行くと言います。ずいぶん便利になったものですが、その分、昔は直角の硬い座席に長時間座りふるさとに向かう途上でじわじわと味わった郷愁、旅情は失われつつあります。

にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ



【2011/08/18 22:34】 | いなか川柳 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
生家とはいえ・・
生家

我すでに ただの親戚 ワンノブゼム

法事で田舎に行ってきました。
父親が亡くなり6年とちょっと、母親が亡くなり約2年が過ぎいなかの実家は兄の家族のみとなりました。
やはり親がいるのといないのでは実家への足が少し遠のくというか遠慮が出てくるというか・・。なにせ兄嫁のほうがすでにずっと自分より長く居るわけですから。冠婚葬祭などがないかぎりだんだん足が遠のいていくのでしょうね。

にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
 


【2011/08/23 16:52】 | いなか川柳 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
去年の今頃・・。
焼肉えびす

   閑かなる 散居の村が O騒ぎ

    焼肉えびす
      焼肉えびす O111発生事件

去年の今頃、こんな事件がありましたなぁ。わが故郷が思わぬことで有名になってしまったのでした・・。


にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ






【2012/04/22 07:20】 | いなか川柳 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
富山弁 クレーマー?・・。
クレーマー

ローカルで一部の人にしかわからない句。

「してくれま!」と高圧的、ゴリ押し的に言っても田舎らしい朴訥な響きです。とてもクレーマーとは思えません・・。


にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ



【2012/09/10 22:00】 | いなか川柳 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
富山弁 つかえん・・。
つかえん

前掲の富山弁の記事にいただいたコメントで「つかえん」という言葉がでてきましたので、ローカルネタをまたひとつ・・。

「なーん つかえんちゃ。」 いえいえ 大丈夫ですよー。といった意味です。

言われた人は「使えない」という意味にとってしまうでしょうね。

にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ



【2012/09/12 00:19】 | いなか川柳 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ