読んでて目もうつろ
三国志

宮城谷昌光氏の中国歴史小説にハマッています。
その中でも今読んでる三国志は特に読めない漢字の名前が続々出てきて、読んでて目もうつろになってしまいます。最初はふりがながふってあるのですが後はなし。でも多すぎていちいち前に戻って確認していられません。ついつい文字面だけで「そんなかんじ」でスルーしてしまいます。


スポンサーサイト
【2011/05/12 08:43】 | 読書川柳 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
記憶力川柳(3)
三国志

こちらの記事でも書きましたが、宮城谷昌光氏の「三国志」を読んでいますが文庫本はまだ第6巻までしか出ていないので続いて吉川英治著の三国志を読み始めています。こちらはだいぶ読みやすい。
しかし次から次へと新たな人物が登場してきてとにかく覚えきれません。5回は楽しめそうですな。

小説にしても映画にしても2回以上読む、観るといったことはあまりしてきませんでしたが、たまにTVで映画の放映を再度みたりすると、ほんと記憶力っていい加減なものということがわかります。まったく筋を記憶違いしていたことや覚えていなかったことなど多々あります。
宮城谷昌光氏の中国歴史小説シリーズも2回読みましたが充分楽しめた上に本代の節約にもなったのでした・・。

【2011/06/04 14:04】 | 読書川柳 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
読書川柳 睡眠薬替わり・・。
睡眠薬

こむずかしい本をあお向けで読んでいるとすぐ眠くなります・・。

にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ


【2012/06/04 08:40】 | 読書川柳 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
読書川柳 読むわけにもいろいろあるが・・。
読むわけ

もちろん面白いから読むのですが、出勤時電車の中で何にもしてないといろいろ仕事のことが頭をめぐって鬱々としてしまうのでそれを紛らすために・・というのも大きな理由です。


にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ


【2012/06/05 07:33】 | 読書川柳 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
読書川柳 読み切れない・・。
持続力

「持続力」とか「集中力」養成講座みたいな本。それを読み切る持続力、集中力がありません・・。

散らかった 断捨離本と 整理術
あと、せっかく買っても読まない、実行しないてなことも・・。


にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ



【2012/06/20 08:01】 | 読書川柳 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
読書川柳 関心はあるものの・・。
速読術

通常の数倍~数十倍のスピードで本が読めるという「速読術」。関心はあるもののあまり真剣にHow to本を読んだりトレーニングをしたりという気も起りません・・。


にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ



【2012/06/22 07:50】 | 読書川柳 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
あくまで個人的感想を関西弁で・・。
村上春樹

村上春樹の新作小説「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」の販売が昨日午前0時から始まり、東京都内の深夜営業の書店にはさっそくファンらが集結したそうです。「1Q84 BOOK3」以来3年ぶりの長編小説とあって、事前予約も殺到し、版元の文芸春秋は計50万部の発行を決めているとのこと。

1Q84は読みましたが、ただ単に読みやすかったという感想だけで、「面白さ、感動」などは全くなし。なんでこんなに人気があるのかさっぱり分かりません。(あくまで個人的感想です。
よってこの新刊にもまったく食指が動きません。

にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ



【2013/04/13 09:16】 | 読書川柳 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
読めない・・。
本選び

いよいよ老眼でメガネをかけないと字の小さい本は読めなくなってきました。煩雑なのと外したあとのよけいぼやけた感覚がいやでなるべくメガネはかけたくないところ。内容だけでなく字の大きさも本選びの要素になってしまうとは・・。

にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ



【2013/06/29 10:40】 | 読書川柳 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ