安サラリーマン川柳へようこそ!
白猫のゴンタ
♪白猫のゴンタ・ゴンタ・ゴンタ・・♪
スポンサーサイト
【2030/01/01 00:00】 | 安サラリーマン川柳 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
チーム「和」ークの勝利!・・。
「和」
スピードスケートの女子団体パシュートで金メダルを獲得!


「個」の力ではかなわなくても、チーム「和」ークで圧倒的な勝利を納めました。これぞ日本の真骨頂。
「和」と「日本」が同義語だったことを、そう言えばそうだなと再認識したのでした。


にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
 

【2018/02/23 21:53】 | 平昌五輪川柳 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
AIに職奪われる?・・。
猫の手

今回のサラ川には「AI」をネタにした句が目立ちました。

『AIが 俺の引退 早めそう』 (だいちゃんZ!)
といった、職を奪われそうというストレートな句も・・。

まずは猫の手も借りたいと言われているような、人手不足なところからお願いしますよ~と言いたいところですが、得意分野も違い、そう うまくはいかないですかね。

にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ


【2018/02/21 07:30】 | サラ川便乗川柳 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
第31回サラリーマン川柳 入選作発表・・。
第31回第一生命 サラリーマン川柳 入選作100句が発表されました。
今回も、はっ!と気が付いたら応募締め切り日が過ぎてしまってました。

今年の作品はキーワード「AI」「LINE」「インスタ」「いいね!」「ちがうだろ~」などを絡めた句が多くみられました。
個人的に気に入った作品を選ぶと・・

『正直で 忖度なしの 体重計』 (綾波翔太郎)

『俺ん家も 長期政権 嫁一強』 (やす)

『封筒の 厚みでわかる 再検査』 (よみ人知らず)

『インスタに 映えます冷めます 嫁の飯』 (タクロウ)

『ヨガマット いつしか昼寝の 敷き布団』 (健康胞子)

『AIが オレのレポート 見て笑う』 (負けず嫌い)

『旦那への 家事に一言 ちがうだろー』 (妻恐怖症)

『空き缶日 他の缶見て 格差知る』 (第三発泡亭主)


にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
 

【2018/02/20 07:26】 | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
小平奈緒選手 金メダル!・・。
小平奈緒
          

明日は月曜で仕事、うっとおしいなあ。と気うつな日曜日の夜に朗報が飛び込みました!
確かに今朝はちょっといつもの月曜日に比べて気持ちが軽かったような気がします。
プレッシャーもあったでしょうによくやりました。

にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ
 

【2018/02/19 22:36】 | 平昌五輪川柳 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
思わず拍手しちゃったが・・。
拍手

日米の 前じゃ美女軍 能面に

先日のフィギュアスケートのペアで、アメリカの選手が登場した際、美女応援団の一人が、思わず拍手。それを見とがめた隣の美女が、ひじで突いている姿が映し出されていました。大丈夫かなあ・・。

にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ


【2018/02/19 07:02】 | 平昌五輪川柳 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
チャンピオンの座はゆずらない!・・。
ゆづる
羽生選手、見事 金メダル獲得!

譲るじゃないぞ、結弦だぜ。
ちなみにフリーは、かのネイサン・チェンがトップで、17位から5位まで順位をあげたそうな。もしショートが100点越えだったら結構微妙だった。プーさんサマサマでしたなあ。

ところで、2月17日は
同じ日に 羽生は勝って 羽生敗れ
とういう日で、ちょっとネット上で混乱が発生したらしい。

にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ


【2018/02/18 07:00】 | 平昌五輪川柳 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
自身の予告通りになっちゃった・・。
プーさん
羽生結弦選手、シングル1位発進!

ケガをして以来 初めての大舞台。期待と不安の衆目の前で、圧巻の演技をした羽生選手でした。
羽生選手の直後に登場したライバルの一人であるネイサン・チェンは、自身が前日の会見で「プーさんに気を付けなきゃ」と予告していた通り、17位という惨たんたる結果に終わりました。会見では笑いをとってましたが、これはちょっと笑えないほどの落ち込み・・。

にほんブログ村 ポエムブログ 川柳へ


【2018/02/17 10:42】 | 平昌五輪川柳 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ